フェアトレードの商品とは?対象になっている商品とその理由を紹介します

フェアトレードの商品とは?対象になっている商品とその理由を紹介します
LIFESTYLE

フェアトレードの商品は、世界や日本を含め、生活をする上で身近なものとなってきました。

しかし、どのような商品が国際フェアトレードの認証を受けているのか、十分に把握できていない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、フェアトレードの商品について、どのようなものが該当するのか紹介していきます。

フェアトレードの商品とは

フェアトレードカカオ

フェアトレードの商品とは、国際フェトレード基準を満たしている商品のことです。

国際フェアトレード基準を満たした商品には、認証ラベルが貼られています。

基準項目としては、以下の3つがあります。

  • 社会的
  • 経済的
  • 環境的

3つの基準項目を満たさなければ、フェアトレード商品であると認められません。そのため、消費者は認証ラベルの貼っている商品を購入すれば、フェトレードの活動に貢献できるでしょう。

フェアトレードの商品一覧

フェアトレードの商品はさまざまな種類があり、日ごろから使っている商品もフェアトレードのものがあると思います。

以下が、フェアトレードの商品の一覧です。

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 果物(※加工品を含む)
  • カカオ
  • 蜂蜜
  • ワイン
  • スポーツボール
  • 切花
  • オイルシード
  • ナッツ
  • コットン
  • 化粧品
  • サトウキビ糖

フェアトレードの対象となる理由

スリランカのお茶

ここからは、項目ごとにフェアトレードの対象となる理由を踏まえ見ていきましょう。

コーヒー

コーヒーは開発途上国で生産していますが、国際市場(※ニューヨークやロンドンなど)で買取価格が決められています。

小規模農家は中間業者に頼ることになり、十分な利益を得られない事態に陥っています。さらに、不安定な生活になってしまい、子どもの教育にも悪影響を与えているのです。

そこで、フェアトレードを導入することで小規模農家が組合を作ったり、生産能力を高めたり、交渉力を身につけたりと新たな取り組みをしました。生産者は一定の賃金を受け取れるため、安定した生活を送ることが可能になります。

カカオ

カカオの生産は、主に開発途上国で行われています。

生産者は得た報酬で生活を送るため、カカオの生産は大事な収入源です。しかし、児童労働が慢性化しており、問題になっています。

そこで、国際フェトレード基準を設定し、労働環境の改善を図りました。また、児童労働をなくし、安定した収入を得るためにフェアトレード価格を設定しています。

フェアトレードを導入することで安定した収入だけではなく、十分な教育・医療を受けられる体制を作ることができます。

切花の多くは、大規模なプランテーションで生産されています。

しかし、生産の際に農薬や汚水の影響を受け、環境及び健康に悪影響を与えてしまうこと、労働者の低賃金などが問題になっていました。

そこで、国際フェアトレード基準を設定し、さまざまな環境の改善を図りました。

現在、フェアトレードの対象である花は、東アフリカ諸国とラテンアメリカ諸国など生産されています。

スポーツボール

サッカーボールは、世界全体の約7割がパキスタンで作られています。

労働者は作業を手縫いで行われていますが、労働賃金が低く、児童労働にも繋がっています。

そこで、サーカーボールをフェアトレードの対象商品にし、労働環境の改善(※児童労働をなくす取り組みも含む)への取り組むに力を入れました。

フェアトレードの対象商品であるサッカーボールは、安定した賃金や労働環境の改善に加え、別にプレミアムが支払われます。支払われたプレミアムは地域の教育や福祉のために使われています。

茶は世界で最も飲まれている飲料であり、主にインドやスリランカなどで作られています。

インドやスリランカでは大規模なプランテーション型で生産されており、労働者の働く環境も良くありません。

そのため、フェアトレードを導入し、労働者の安定した賃金や衛生的な労働環境を繋げようとしています。さらに、茶の代金以外に奨励金を保証し、地域の発展のために活用しています。

 国際フェアトレード認証・登録事業者一覧

フェアトレードのタグ

日本国内の企業には、国際フェアトレード認証・登録事業者が多く存在します。

以下では、国際フェアトレード認証・登録事業者を10社ほど挙げています。

味の素AGF株式会社 コーヒー
伊藤忠商事株式会社 コーヒー、カカオ
イオントップバリュ株式会社 カカオ
UCC上島珈琲株式会社 コーヒー
エスビー食品 スパイス、ハーブティー、ハーブ
キーコーヒー株式会社 コーヒー
スターバックスコーヒジャパン株式会社 コーヒー
豊田通商株式会社 繊維
豊島株式会社 繊維
日本生活協同組合連合会 コーヒー、繊維、茶

参照元:フェアトレード ジャパン

多くの日本国内の企業は、国際フェアトレード認証を受けています。日常生活の中に、フェアトレード商品が存在することがお分かりいただけたと思います。

まとめ

今回は、フェアトレードの商品について、どのようなものが該当するのか紹介しました。

フェアトレードの商品や認証を受けている企業は多く、日本国内だけではなく世界に普及しています。

日常生活の身近な商品に対象のものが含まれているのか確認してみましょう。

この記事をシェアする

TAGS

この記事書いた人

Check more...

エシカルグッズで使われている素材を紹介。地球に優しいものを身に着けよう
LIFESTYLE

エシカルグッズで使われている素材を紹介。地球に優しいものを身に着けよう

エコな活動に取り組むアウトドアブランド6選|環境に配慮したものづくり
LIFESTYLE

エコな活動に取り組むアウトドアブランド6選|環境に配慮したものづくり

輝く未来を目指すエシカルジュエリーとは?おすすめのブランドも大紹介
LIFESTYLE

輝く未来を目指すエシカルジュエリーとは?おすすめのブランドも紹介

むくみを解消する方法とは?原因を知り、むくみを改善しよう
LIFESTYLE

むくみを解消する方法を解説。原因を知り、むくみを改善しよう