サスティナブルファッションとは?ファッションでできるサスティナブルな取り組み

サスティナブルファッションとは?ファッションでできるサスティナブルな取り組み
FASHION

「サスティナブルファッション」という言葉を耳にする機会が増えたと感じる人も多いのではないでしょうか。

サスティナブルの人気の高まりとともに、地球にやさしいファッションが注目されています。

私たちが普段何気なく身に付けている洋服の製縫過程では、環境や人にさまざまな負荷がかかっているからです。

今回は、サスティナブルファッションとは何か解説した上で、アパレル業界ができるサスティナブルな取り組み、消費者ができるサスティナブルな取り組みなどについて解説します。

サスティナブルファッションとは

SDGs

「持続可能な」という意味がある「サスティナブル」という言葉は、さまざまな場面において近年使われています。

というのも、サスティナブルは国際的に注目されていて、「SDGs(持続可能な開発目標)」にも深く関わる言葉だからです。

私たちに深く関係しているファッション業界は、地球環境に大きな負担をかけているといえるでしょう。

例えば、ファストファッションは消費者に流行の洋服を低価格で提供しています。

消費者はファッションを低価格で楽しめている一方で、労働者の賃金問題や労働環境に関わる問題を抱えていることも事実です。また、大量生産や大量破棄により環境に大きな負荷をかけていることも問題視されています。

サスティナブルファッションは、ファストファッションによるこれらの問題の解決を目標にしています。

具体的には、洋服を製縫する人たちの労働環境の整備や適性価格での賃金の支払い、さらには大量の破棄を防ぐための取り組みが行われています。

その他にも、アニマルフリー素材の使用など、人間だけでなく、地球上のすべての生物に配慮した洋服を作ることなどが目標とされています。

ファッション業界が抱えている問題

ファッション業界

ファッションは私たちの心をワクワクさせてくれるものの一つですが、その背景には多くの犠牲があることを忘れてはいけません。

以下、ファッション業界が抱えている問題を見ていきましょう。

環境への負担

一枚の洋服を作るために多くの資源が使われています。原材料調達の段階から店舗に届くまでの過程で、主に以下のような問題があります。

  • 合成繊維(ポリエステルなど)の製造過程におけるCO2の排出や石油資源の使用
  • コットンなどの天然繊維の栽培における水消費や、化学肥料による土の汚染
  • 洋服の生産において余った生地などの大量の廃棄物
  • 工場から各店舗への輸送過程でのCO2の排出

劣悪な労働環境

洋服の製縫には発展途上国の人たちが多く携わっています。

労働環境が劣悪な工場も多く、空調の悪さやビルの強度の弱さなどが問題視されています。

その他にも、サービス残業を含む長時間の労働によって、心身に不調をきたす人も少なくありません。

また、給与ベースが低く設定されていることも多く、長時間の労働をこなしているのにもかかわらず、経済的に余裕のない生活をしている人が多いです。

アパレル業界のサスティナブルな取り組み3選

服素材

アパレル業界のサスティナブルな取り組みを3つ紹介します。

フェアトレードの実施

フェアトレードとは公正取引を意味します。発展途上国の生産者や労働者に賃金として適性価格を支払い、彼らの生活の安定化を考慮した取引のことです。

トレンドを取り入れた洋服を低価格で購入できることの背景には、途上国の労働者の存在を忘れてはいけません。

動物の皮や毛の使用を禁止

動物の皮や毛が使用された洋服は高級感があります。

しかし、本来、動物の皮や毛は動物たちのものであり、人間が身に付けるものではありません。

動物の皮や毛が使用された洋服には、動物たちの犠牲があることがほとんどです。

近年では、フェイクファーやエコファーの他、フェイクレザーなども充実しています。これらに切り替えることで、動物の犠牲をなくしていくことができます。

再生利用でできた素材の使用

ペットボトルなどを使用したリサイクル素材を用いて洋服を作るアパレル企業も増えています。

ペットボトルなどを再生することで、プラスチック類のゴミ削減につながります。

消費者ができるファッションにおけるサスティナブルな取り組み3選

古着

消費者ができるファッションにおけるサスティナブルな取り組みを3つ紹介します。

長く着られる洋服の購入

トレンドを意識したファッションにはおしゃれ感があるでしょう。

しかし、低価格の洋服を毎年買い替えるといった洋服の扱い方は、環境や途上国の人たちに対して負担をかけていることを忘れてはいけません。

適性価格であり、かつ長く着られるものを購入することで、人や環境に配慮しておしゃれを楽しめます。

サスティナブルな取り組みをしているブランドで衣服を購入

企業努力としてサスティナブルな取り組みをしているアパレルブランドは少なくありません。

こうしたブランドは洋服の価格設定が少し割高なことも多いです。

しかし、サスティナブルな取り組みをしている企業の洋服を購入することは、環境保全や途上国支援につながります。

古着を利用する

古着には新品同様の洋服やおしゃれな洋服もたくさんあります。

古着を利用することで、洋服の廃棄を減らせるだけでなく、洋服の生産量を減らすこともできます。

古着は新品よりも低価格ですので消費者にとっても経済的です。

まとめ

SDGsが注目されている昨今、さまざまな業界で持続可能な社会のための取り組みを行っています。

業界ごとに抱えている課題がそれぞれあり、アパレル業界も例外ではありません。アパレル業界では洋服の製造過程における環境への負担や、途上国の人たちの労働環境が特に問題視されています。

消費者が環境や他者への意識を少し変えることで、環境保全や途上国で暮らす人々の生活の向上につなげることができるでしょう。

関連記事:日本で買えるエシカルファッションブランド5選|エシカルな取り組みも紹介

この記事をシェアする

TAGS

この記事書いた人

Check more...

SDGsに取り組んでいる女性に人気のファッションブランド。各ブランドのSDGsの取り組みを紹介
FASHION

SDGsに取り組んでいる女性に人気のファッションブランド4選

サステナブルスニーカーとは?取り扱いブランドを紹介します
FASHION

サステナブルスニーカーとは?取り扱いブランドを紹介します

オーガニックコットンがサステイナブルな理由とは?
FASHION

オーガニックコットンがサステイナブルな理由とは?環境と人にやさしい素材

日本で買えるエシカルファッションブランド5選|エシカルな取り組みも紹介
FASHION

日本で買えるエシカルファッションブランド5選|エシカルな取り組みも紹介