妊娠中の外食|妊婦さんも安心して外食できるチェーン店をご紹介

FOOD

妊娠中は身体に大きな負荷がかかるため、どんな場所に出かけるにしても準備が必要ですよね。

せっかくスケジュールを立てても当日の体調によってはキャンセルせざるを得なくなったり、出かけられても途中で体調を崩してしまったりと、思わぬトラブルがつきものです。
しかし、いくら妊婦さんであろうと、たまには外食して普段作らないような美味しい料理を食べたくなることもあるでしょう。

そのためには妊婦さんでも安心して外食ができるお店を選ぶことが必要になってきます。

そこでこの記事では、妊娠中でもストレスなく外食できるチェーン店を紹介します。
チェーン店であれば対応のマニュアルも整っています。最後まで読んで、ぜひ妊娠中の外食におすすめの飲食店を見つけてください。

妊娠中の外食は大丈夫?

レストランの画像

そもそも妊娠中に外食はしても大丈夫なのでしょうか。

結論から言えば、たとえ健康管理に気を遣わなければいけない妊婦さんであっても外食するのは大丈夫です。
ただし、いくつか気を付けるべきポイントは存在します。

例えば食事の栄養バランス。

飲食店で提供されるメニューはどうしてもカロリーが高くなりがちで、かつ栄養素も偏りがちです。
妊婦さんが控えるべき成分である脂質・塩分・糖分などといったものが多く含まれているので、あまり重すぎるものは控える必要があるでしょう。

妊娠中の食事で気を付けること

お弁当の画像

次に、妊娠中に外食で食べる食事で気を付けることを紹介します。主に以下3つのことに気を付けましょう。

  • 塩分は控えめにする
  • 食事の偏りが無いようにする
  • NG食材を把握して食べないようにする

塩分は控えめにする

前章で説明したように、栄養バランスに気を付ける必要があります。
主に塩分の摂りすぎに注意しましょう。

外食チェーン店のメニューは塩分がたっぷり含まれていることが多く、気付かないうちに塩分過多になってしまうこともあります。

妊婦さんが塩分を控えなければならない理由は、妊娠高血圧症候群の発生を防ぐためです。
妊娠高血圧症候群は罹患してしまうと母体にも胎児にも命の危険が伴う非常に恐ろしい症状といえます。

最近ではダイエットをしている方のニーズやベジタリアンの方のニーズに応えるため、ヘルシーな野菜中心のメニューも多くあります。
母体のためにもこれから生まれてくる子供のためにも、食事メニューに関しては慎重に選ぶことをおすすめします。

食事の偏りが無いようにする

外食をするとどうしても好きな食べ物を食べたくなってしまうので、3食すべて外食で済ますとなると偏りが発生してしまいます。
食事の偏りは健康な子供を産み育てる過程に悪影響を及ぼしてしまうので、出来る限り少なくしていきましょう。

厚生労働省が発表している「妊産婦のための食事バランスガイド」によると、妊産婦であっても基本的には普通の大人と気を付けるべきことは変わらないようです。

「主食」「副菜」「主菜」「牛乳・乳製品」「果物」の5グループから1つずつ摂取することが理想的です。
主菜に関しては赤身の肉や魚などを上手に取り入れることがおすすめですが、妊娠初期にはビタミンAを摂りすぎないようにしましょう

NG食材を把握して食べないようにする

妊婦さんには普通の人とは違い、食べてはいけない食材があります。

飲み物ではアルコールやカフェインが大量に含まれる栄養ドリンクを控える必要がありますが、食べ物では「刺身(生魚)」「生の魚卵」「生卵」「生肉」「ナチュラルチーズ」といった食材に主に気を付けましょう。

生の食材は、場合によっては食中毒を招いてしまいます。
食中毒になれば妊婦さん自身の命に関わるため、お寿司やユッケ、生ハムといった食材が使われているメニューは避けることがベストです。

妊婦さんにもおすすめのチェーン店

カフェの画像

次に、妊婦さんが安心して訪れられるおすすめの外食チェーン店を紹介します。
有名どころを中心に紹介していくので、最寄りの飲食店があればぜひ訪れてみてください。

ロイヤルホスト

ロイヤルホストが妊婦さんにもおすすめといえる理由は主に2つあります。

1つは「店内の居心地が良い」ことです。

座席のソファーは柔らかくゆったりとしており、床の素材も歩きやすいものになっています。
また、テーブルとテーブルの距離が広いことも特徴といえます。

2つ目には「ヘルシーメニューの豊富さ」にあります。

ファミレスの中でもメニューのバリエーションが多く、身体に良い食材が使われている料理が豊富にあるのがポイントです。
サラダスープも美味しいと好評です。

大戸屋

言わずと知れた和食チェーン店である大戸屋。

ゆっくり食事できる、というポイントが最大の強みです。
和食チェーンは他のファミレスよりも客層の年齢が高く落ち着いていることが多いため、妊婦さんも周囲を気にせずご飯を味わえます。

また、大戸屋では40代以上の主婦の方など妊娠・育児を経験している女性店員が多くいる傾向にあるので、妊婦のお客さんが来店すると気を遣ってくれることもあるようです。

【番外編】都内のおすすめ店

レストランの店内画像

最後に、番外編として東京都内で妊婦さんでも安心して楽しめる都内のおすすめ店舗を紹介します。

クチーナ・ヒラタ|麻布十番

麻布十番エリアにある「クチーナ・ヒラタ」は、30年以上続くイタリアンレストラン。

季節感を大事にしたメニューを取り揃えていることが強みであり、おもてなし力が高いこともポイントです。

クチーナ・ヒラタは全席禁煙の設計であるため受動喫煙の心配がなく、またオーナーマダムの人柄やサービスが好評を呼んでいます。
ランチ帯であればお手頃な値段で楽しめるので、たまのリフレッシュにいかがでしょうか。

MELLOW BROWN COFFEE 自由が丘本店|自由が丘

コーヒー好きの妊婦さんにおすすめなのが「MELLOW BROWN COFFEE」です。

コーヒーと名前が付くお店なだけあって、コーヒーへのこだわりと美味しさが最大の強みです。

妊婦さんはカフェインを控えなければならないためコーヒーを飲む機会は少ないですが、このお店では多様なカフェインレスのコーヒーを味わえます。
カフェインレスの中でもドリップやカフェオレ、またキッズコーヒーというものも選ぶことができ、カフェインが入っていないとは思えないほどの味わい深さがあるようです。

まとめ

妊婦

今回の記事では妊婦さんに外食はOKなのかNGなのか、また食べてはいけない食材は何なのかを解説するとともに、実際に訪れてみたいおすすめの飲食店を紹介しました。

子育てや健康に配慮したメニューを提供する飲食店が近年注目されてきていることもあり、妊婦さんでも安心して訪れられるお店は多くなってきています。

ぜひ妊娠中のリフレッシュに外食を楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事:川崎のぜひ行きたい!オーガニックレストラン&カフェ4選

この記事をシェアする

TAGS

この記事書いた人

Check more...

食べられるのに捨てられる未利用魚・低利用魚
FOOD

食べられるのに捨てられる未利用魚・低利用魚

.RAW(ドットロー)でサラダビュッフェとデリ1皿のセットを食べてきた
FOOD

.RAW(ドットロー)でサラダビュッフェとデリ1皿のセットを食べてきた

サステナブルシーフード|サステナブルシーフードの取り扱いスーパーやレストランをご紹介
FOOD

サステナブルシーフード|サステナブルシーフードの取り扱いスーパーやレストランをご紹介

ヴィーガンも美味しく食べられる!簡単レシピのバターサンド
FOOD

ヴィーガンも美味しく食べられる!簡単レシピのバターサンド