【2023年】ヴィーガンバレンタインチョコレート4選!

ヴィーガンチョコレートとは│バレンタインにおすすめなヴィーガンチョコレート4選
FOOD

ヴィーガンの方だけでなく、一般のライフスタイルの方にも数年の間でヴィーガン商品が注目されるようになりました。

ヴィーガン商品は素材へのこだわりや商品の質が高く人気のようです。

質の高い商品などはギフトにもおすすめですよね。

そこで、今回はヴィーガンチョコレートを紹介していきたいと思います。

始めにヴィーガンチョコレートとはどんなチョコレートなのか解説していきます。

ヴィーガンチョコレートとは

チョコレート

ヴィーガンチョコレートとは一般のチョコレートと違い、乳製品・上白糖・はちみつを使っていないのが特徴です。

乳製品不使用

ヴィーガンの方は、乳製品を使用した食品を口にしません。

一般的なミルクチョコレートやホワイトチョコレートは乳製品を使用して作られています。ヴィーガンチョコレートでは、乳製品の代わりにナッツミルク、ライスミルク、ココナッツミルクなどの植物性の代替製品を使用しています。

ナッツミルクやライスミルク、ココナッツミルクといったオルタナティブミルクは日本でも注目され始めています。

とてもおいしく乳製品とは違ったマイルドな甘さが特徴的です。

上白糖不使用

甘いチョコレートを作る際に欠かせないのが砂糖です。

砂糖にはいくつか種類があり、グラニュー糖や上白糖などの白砂糖はヴィーガンの方は口にしません。

動物性原料が一見使われていない白砂糖ですが、白砂糖を避けるのには製造する工程に理由があります。

上白糖は製造する際に「牛や豚などの動物の骨」を焼いた「骨炭」を利用し、不純物を取り除いております。

白砂糖の中に、動物性の食材が混入しているわけではありませんが、動物を利用しているという点でヴィーガンの方は白砂糖を避けています。

では、ヴィーガンチョコレートではどのように「甘み」を出しているかというと、「骨炭」を使用するろ過の工程を用いないきび砂糖、黒糖、てんさい糖を使用しています。

また、アガベシロップやココナッツシュガーといったサトウキビやてんさい以外の甘味料を使用して「甘み」を出しています。

ダイエットやマクロビなどの考えからも上白糖を使用しないヴィーガンチョコレートは注目されています。

はちみつ不使用

上白糖の代替品としてはちみつが利用されているチョコレートもヴィーガンの方は口にしません。

はちみつははちの労働が犠牲となり、作られている製品であり避けられています。

また、はちみつは本来ははちの子供への餌や保存食として作られており、はちみつの採取ははちの食料や住環境を脅かすことになるため口にしません。

そのため、ヴィーガンチョコレートには上記でも記述したきび砂糖、黒糖、てんさい糖などを用いて「甘み」を出しています。

バレンタインなどにおすすめヴィーガンチョコレート4選

生チョコレート

ここからはバレンタインやギフトでおすすめのヴィーガンチョコレートを紹介していきます。

【ココシュシュ】ヴィーガン生チョコレート

パッケージ+チョコレートの見た目が人気のヴィーガンチョコレートです。

乳製品・乳化剤・白砂糖は不使用で白砂糖の代わりにメープルシロップ、生クリームの代わりにカシューナッツミルクを使用しています。

メープルシロップの控えめで優しい甘さに加えてカシューナッツの滑らかでコクのある味わいが特徴です。

フレーバーが7種類あり、オレンジなどのフルーツを使用したチョコレートはとても華やかですね。

ギフト用のラッピングもオプションで行えるようですのでギフト利用の方はこちらのヴィーガン生チョコレートがおすすめです。

価格:1箱(16粒入り)1,280円

商品の詳細はこちら

【ROOSIKU(ローシク)】オーガニックチョコレート

ローシクのヴィーガンチョコレートは北欧のエストニアに住むアイヴォ氏たちによって製造されています。

製造者のアイヴォ氏のポリシーは以下の通りです。

  • ヴィーガン対応
  • 低糖質
  • 環境配慮

ポリシーの通り、ローシクのチョコレートは動物性原料を一度も使用したことがない工場で製造されているヴィーガンチョコレートです。

他にもパッケージは生分解性原料で作成されているため、自分の健康だけでなく環境にも配慮されています。

フレーバーは6種類あり、どの商品もオーガニックでヴィーガン対応です。

  • ブルーベリー
  • ハイカカオ
  • コーヒー
  • マイルド
  • スパイス
  • ストロベリー

価格:1箱(37g)約540円

商品の詳細はこちら

【マヌーコ】 ローズローチョコ&セサミローチョコ

オーストラリアのメルボルンで作られているチョコレートです。

ローズローチョコは有機栽培のバラからオイルを抽出して練りこんでおり、バラの香りが広がります。

セサミローチョコは有機の黒胡麻を使用しており、ごまの香りが広がります。

一般的なチョコレートとは違った食感、滑らかさがあり、健康的で美味しいのが特徴。

カジュアルなクラフトパッケージがとてもよいですね!

価格:1個(ローズローチョコ、セサミローチョコ各1個入り)約3,300円

商品の詳細はこちら

【ChocoReko】糀ショコラ:76%ビター

カカオの濃厚な味わいに米こうじをかけ合わせたチョコレートです。

カカオのコクと米こうじのコクを感じつつカシューナッツの甘さを感じてとても面白い味わいのヴィーガンチョコレートです。

チョコレートの見た目も様々な形、柄に分かれていてかわいらしいですね。

フレーバーは8種類あり、プレーンのチョコレートからフルーツを使用した華やかな見た目のチョコレートまで幅広く販売されています。

  • カシューミルク
  • ビター
  • スーパービター
  • カシュー苺ミルク
  • カシューターメリックラテ
  • ビターザクロ
  • ビターキャラメル珈琲
  • ビターアップルパイスパイス

価格:1箱(約53g)2300円※カシューミルクの価格を表示しております

商品の詳細はこちら

まとめ

お菓子が並んでいる様子

ヴィーガンチョコレートはそれぞれの商品で特徴があり、とてもおいしそうですね。

乳製品、白砂糖、はちみつを使わないことで、独自の美味しさが生まれるヴィーガンチョコレートを一度お試ししてみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

TAGS

この記事書いた人

Check more...

コストコで購入できるヴィーガングッズをご紹介
FOOD

コストコで購入できるヴィーガングッズをご紹介

お菓子を食べながらSDGsに貢献できる?お菓子メーカーのSDGsの取り組みも紹介
FOOD

お菓子を食べながらSDGsに貢献できる?お菓子メーカーのSDGsの取り組みも紹介

米粉と小麦粉の違い│おすすめのグルテンフリーギフトも紹介します。
FOOD

米粉と小麦粉の違い│おすすめのグルテンフリーギフトも紹介します。

銀座でおすすめのヴィーガン対応レストラン&カフェ7選
FOOD

銀座でおすすめのヴィーガン対応レストラン&カフェ7選