ペットボトルによる環境問題とは?影響を及ぼす場面や解決策を紹介

ペットボトルによる環境問題とは?影響を及ぼす場面や解決策を紹介
SOCIETY

近年、私たちの身近にあるペットボトルが問題視されています。

使用済みのペットボトルが他のプラスチックと同様に海へ流出することで、生態系へ悪影響を及ぼします。

地球環境が悪化した場合、私たちの日常生活にも影響を及ぼす恐れがあるでしょう。

問題を解決するためには、ペットボトルが環境に与える影響を理解する必要があります。

今回は、ペットボトルによる環境問題や影響を及ぼす場面や解決策を紹介します。

ペットボトルが引き起こす環境問題

廃棄ペットボトル

ペットボトル等のプラスチックが引き起こす環境問題のひとつに、海洋汚染があります。

海洋汚染とは、ペットボトル等がポイ捨てされることや適切な処分がされずに海に流出することです。

ペットボトル等が海に流れた場合、大量のゴミが浮遊することにより、漁業や生態系へ影響を及ぼします。海に生息する魚などがゴミを誤飲する可能性もあり、生態系を壊す恐れも。

適切な処理が行われていないペットボトルは、海の環境だけではなく、地球全体に悪影響を及ぼします。

ペットボトルが該当するマイクロプラスチックとは

ペットボトル

海に流出するプラスチックは原型を留めているものだけではなく、細かく粒子になったマイクロプラスチックも存在します。

マイクロプラスチックは、主に「一次マイクロプラスチック」と「二次マイクロプラスチック」の2種類に分けられます。

一次マイクロプラスチック

マイクロビーズやスクラブなどのマイクロサイズで作られたプラスチックが排水等により自然へ流出したゴミのことです。自然環境に流出すると回収できないゴミのため、対策が取りにくくなっています。

二次マイクロプラスチック

ビニール袋やペットボトルなどの大きいサイズのプラスチックが自然の中で影響を受けたことにより、マイクロサイズの変化したゴミのことです。大きなサイズのプラスチックは分解される前であれば、リサイクルや回収などが可能です。

ペットボトル等による環境問題や影響

生態系

ペットボトル等のプラスチックが自然界に流出することで、さまざまな環境問題や影響を及ぼします。

ここでは、3つの項目に注目します。

  • 生態系への影響
  • 産業への影響
  • 人体への影響

1つずつ見ていきましょう。

生態系への影響

魚などの海洋生物がマイクロプラスチックを食べた場合、体内で消化されずに蓄積する可能性があります。蓄積したマイクロプラスチックにより、体内の内臓に負担がかかり、命を落とすケースもあります。

産業への影響

漁業等の水産業は海洋プラスチックごみにより、漁獲量の減少に繋がる恐れがあります。海洋プラスチックの影響で魚が減ったり、ゴミによって網が破損したりするケースもあるでしょう。

他の産業としては、観光業に悪影響を及ぼす可能性があります。海洋プラスチックごみにより、海が汚染されてしまい、観光客の減少にも繋がります。

海に関連する産業は、ペットボトル等のプラスチックごみへの対策を取るべき必要があるでしょう。

人体への影響

マイクロプラスチックは、魚の体内では消化されません。プラスチックは、さまざまな物質を付着する特徴があります。体内にマイクロプラスチックを含んだ魚等の海洋生物を人間が食べた場合は、何かしらの悪影響を及ぶ可能性があるでしょう。

 ペットボトル等の環境問題を解決へ導く取り組み

マイボトル

ペットボトル等の環境問題を解決するためには、新たな対策が取らなければなりません。環境問題を解決へ導く取り組みとして、以下の2つが挙げられます。

  • ボトルtoボトル(BtoB)とは
  • マイボトル

それぞれの取り組みについて見ていきましょう。

ボトルtoボトル(BtoB)とは

ボトルtoボトルとは、食用品のPETボトルをリサイクルし、再利用することです。

日本では、ケミカルリサイクルとメカニカルリサイクルの2つの方法が実施されています。

2つの方法は従来のマテリアルリサイクルと同様に工程を踏みつつ、新たな再生方法を採用しています。

マイボトル

マイボトルとは、お茶やコーヒーなどの飲料を自分のボトルに入れて持ち歩くことです。

ペットボトルを購入する機会が減り、プラスチックごみの削減に貢献できます。

他のメリットとしては、「飲み物代の節約」や「健康効果の期待ができる」などが挙げられます。保冷・保温機能に優れたボトルを持ち歩くことにより、適切なタイミングで水分補給ができます。夏場においては脱水症状の予防に期待できるでしょう。

日常生活からペットボトルの削減に取り組みたい方や環境問題に関心がある方は、直ぐに開始してみましょう。

 まとめ

今回は、ペットボトルによる環境問題・影響を及ぼす場面や解決策を紹介しました。

ペットボトル等のプラスチックごみは、さまざまな場面で悪影響を及ぼします。人間だけではなく、海洋生物等へ影響を与えるため、他の環境問題が起こる原因でもあります。

日常生活ではマイボトルを携帯することで、ペットボトルの削減に貢献できます。手軽にできる方法を取り入れ、積極的に環境問題を解決へ導く行動を取りましょう。

この記事をシェアする

TAGS

この記事書いた人

Check more...

日本でも二酸化炭素排出量取引がスタート!その枠組を解説
SOCIETY

排出量取引とは│日本でも二酸化炭素排出量取引がスタート!その枠組を解説

STEAM教育とは│小中高大での事例を紹介します
SOCIETY

STEAM教育とは│小中高大での事例を紹介します

高校生・大学生のSDGsへの関心は上昇中。SDGsに関する取り組みを行っている大学を紹介
SOCIETY

SDGsに関する取り組みを行っている大学を紹介│高校生・大学生のSDGsへの関心は上昇中

フェアトレード企業の取り組みについて|日本国内の有名企業5選の活動もあわせて紹介
SOCIETY

フェアトレード企業の取り組みについて|日本国内の有名企業5選の活動もあわせて紹介