株式会社島精機製作所のプロフィール

株式会社島精機製作所

株式会社島精機製作所は、1962年創業の繊維機械メーカー。主力のコンピュータ横編機のほか、自動裁断機やアパレルデザインシステムなど幅広い製品の企画・開発・販売、およびに導入したお客様への支援をおこなっています。
「人にやさしい」「地球にやさしい」「未来をつくる」の3つの軸に基づくサステナブルな「もの創り」を通じてSDGsの取り組みをおこない、社会課題解決への貢献を目指しています。

概要|株式会社島精機製作所

和歌山市に本社を置く株式会社島精機製作所は、コンピュータ横編機、自動裁断機、アパレルデザインシステム、手袋編機、5本指靴下編機など様々な繊維機械の開発を手掛けています。

ファッション業界だけでなく、自動車・家具・航空・医療業界などに向けた製品やサービスを提供しています。
売上比率の実に85%が海外市場での売上であり、取引実績国数は100を超えるというグローバル企業でもあります。
1962年の世界初「全自動手袋編機」の開発に始まり、「Ever Onward-限りない前進」という経営理念のもと、常に新しい技術を開発してきました。

代表的な技術の一つが、一着丸ごと縫い目のないニット製品をつくるホールガーメント技術

立体成型や縫い目がなく、特別な着心地の製品を消費者にお届けしています。
また、ホールガーメント技術は、無駄な原糸を最少に押さえることから、生産者視点でも自動化や素材ロス削減に寄与しています。

株式会社島精機製作所では、持続可能な社会を目指し、SDGs達成への活動に注力しています。

「人にやさしい」「地球にやさしい」「未来をつくる」の3つの軸に基づくサステナブルな「もの創り」を通じてSDGsの取り組みをおこない、社会課題解決への貢献を目指しています。

サステナビリティを「社会的な要請を果たし、企業価値を向上させる重要な取り組み」としてとらえ、中期経営計画「Ever Onward 2023」においても、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けた課題を掲げています。

経営と環境のバランスを保つべく、働き方や雇用形態の見直しを進め、製造過程で生じる環境負荷の低減にも努めるなど、人々と環境に配慮した企業活動を推進し、企業の社会的責任を果たす取り組みを継続的におこなっていきます。

会社名 株式会社島精機製作所
上場 東証プライム 6222
業種 機械
事業内容 コンピュータ横編機 デザインシステム 自動裁断機 手袋靴下編機 などの開発、製造、販売
資本金 148億59百万円
売上高 305億35百万円 (2023年3月期)
従業員数 1,381人
住所 和歌山県和歌山市坂田85番地
HP https://www.shimaseiki.co.jp/
採用ページ
電話番号 073-471-0511
SNS

株式会社島精機製作所の取り組み一覧

ReMateri

ReMateri® ― サステナブル素材で地球を救う

BLUEKNIT(ブルーニット)

BLUEKNIT(ブルーニット) – ニット製品でサーキュラーエコノミーを実現