カゴメ 3種豆のベジタブルカレー|レトルトヴィーガンカレーを食べてみた⑤

カゴメ 3種豆のベジタブルカレー|レトルトヴィーガンカレーを食べてみた⑤
FOOD

レトルトヴィーガンカレーを食べてみたシリーズ第5弾は、カゴメの3種豆のベジタブルカレーを食べていきます。

野菜生活やトマトケチャップといった有名ブランド「カゴメ」が出しているレトルトヴィーガンカレーです。

どんな味がするのでしょうか。

カゴメ 3種豆のベジタブルカレー

カゴメ

引用元:カゴメ

カゴメについて

カゴメはトマトをはじめとした野菜や野菜を加工した食品を販売しています。

トマトケチャップや野菜生活100などはカゴメの有名な商品です。

カゴメは近年、ヴィーガンベジタリアン向けの商品を開発し始めました。

ヴィーガン、ベジタリアン向けの料理の載ったレシピ本やパスタソースなどを販売しています。

今回紹介する3種豆のベジタブルカレーは、カゴメが販売しているヴィーガンカレーシリーズの一つです。

3種豆のベジタブルカレー

カゴメ パッケージ

3種豆のベジタブルカレーは赤いんげん豆、白いんげん豆、ひよこ豆がメインのカレーです。

赤いんげん豆、白いんげん豆、ひよこ豆はタンパク質が豊富!

そのため、3種豆のベジタブルカレーには、お肉が入った他のレトルトカレーと同程度のタンパク質(1袋あたり5.9g)が含まれています。

また、豆のほかに、トマトペーストやにんじんピューレ、リンゴピューレなど様々な種類の野菜が入っています。

様々な種類の野菜のおかげで、タンパク質だけでなく他の栄養価も高いカレーです。

酸味の強い3種豆のベジタブルカレー

見た目

豆がゴロゴロと入っていて、汁気の少ないカレーです。

日本のカレーライスというよりも、インドカレーっぽい見た目です。

具材

トマトやリンゴなどの酸味が強く感じられて、豆のうまみやカレーのスパイスととても合います!

これまで食べてきたカレーの中で一番野菜の酸味が強いです。

酸味が豆の食感やコクと合って、とても食べ応えがあります。

カレーの辛さは抑えめで、甘口と中辛の間くらい。

辛さよりも、野菜の酸味やうまみを感じます。

動物性の食品が入っていない3種豆のベジタブルカレーですが、物足りなさは感じません。

豆と野菜のうまみがよく感じられる美味しいカレーでした。

まとめ

ヴィーガンカレー

今回は「カゴメの3種豆のベジタブルカレー」を食べました。

豆のうまみと野菜の酸味を感じられ、とてもおいしいカレーです。

野菜が好きな方や、ヴィーガンの方でタンパク質の取り方に困っている方におすすめです。

カゴメの3種豆のベジタブルカレーの購入はこちら
カゴメの3種豆のベジタブルカレー

Amazonで「レトルトヴィーガンカレー」を購入する

 

▼同シリーズの記事

第1 弾
果実とスパイス香るヴィーガンカレー|レトルトヴィーガンカレーを食べてみた①

第2弾
風と光の28品目不使用ヴィーガンレトルトカレー|レトルトヴィーガンカレーを食べてみた②

第3弾
オーガニックヴィーガンカレー|レトルトヴィーガンカレーを食べてみた③

第4弾
≫チャヤマクロビのヴィーガングリーンカレー|レトルトヴィーガンカレーを食べてみた④

この記事をシェアする

TAGS

この記事書いた人

Check more...

パンの耳から作られるビール「ブレッドヴァイツェン」で食品ロスの削減へ
FOOD

パンの耳から作られるビール「ブレッドヴァイツェン」で食品ロスの削減へ

フードマイレージから日本の食について考えよう
FOOD

フードマイレージから日本の食について考えよう

スターバックス
FOOD

スターバックスから販売されたプラントベースのフードメニューを全て食べてきた

【徹底解説】フェアトレードのバナナってどういうものだろう?
FOOD

【徹底解説】フェアトレードのバナナってどういうものだろう?