「新宿ダイアログ」SDGsがテーマのカフェってどんな感じ?実際に行ってみた

「新宿ダイアログ」SDGsがテーマのカフェってどんな感じ?実際に行ってみた
FOOD

今回は、新宿駅から徒歩6分の場所にある「新宿ダイアログ」さんに行ってきました。

新宿ダイアログさんは新宿御苑のすぐそばにある、SDGsがコンセプトのお店です。

なんと、ドリンク1杯の注文につき50円分がSDGsに関連する団体等に寄付されるとのこと。

ごはんを楽しみながらSDGsの目標達成に貢献することができる、素晴らしいお店ですね。

そして、業務形態も面白く、曜日や時間によってお店の名前が変わります。

  • 昼11時〜17時の土曜日:「ノムカフェ」
  • 日曜・月曜・火曜・木曜・金曜:「f-on」
  • 水曜日:「Teru cafe」
  • 水曜〜日曜日の18時〜23時:BAR

今回は、昼タイムの土曜日に営業されている「ノムカフェ」にお邪魔しました。

「新宿ダイアログ」メニュー紹介

「新宿ダイアログ」メニュー

SDGsがコンセプトのカフェなので、環境に配慮したヴィーガン料理やオーガニック料理を楽しむことができます。

すべてのメニューが「日本のいいところを紹介する」というテーマで考案されているとのことです。

今回、私が注文したのは「旬のカリッとサンドイッチ」と「自然栽培、オーガニックのほうじ茶」セット。

旬のカリッとサンドイッチ

サンドイッチには旬の無農薬野菜がたっぷりと入っていて、野菜のみのサンドイッチとは思えないボリューム感でした。

そして、チャパッタという珍しいパンが使われています。初めて食べましたが、とても美味しいですね。

原材料は小麦粉、塩、ジャガイモのみ。乳製品などは使われていません。ジャガイモが使われているためか、パンの中身はモチモチ、外側はカリカリ。2つの食感が合わさって食べやすかったです。

旬のカリッとサンドイッチ

この日の具材で特に驚いたのは、新鮮なルッコラ。

ルッコラ特有の辛味がとてもいいアクセントになっていて、ジェノベーゼソースとの相性が抜群。自家製のカブのピクルスも酸味が絶妙で、サンドされているチャパッタパンにマッチしていました。

自然栽培のほうじ茶

そして、自然栽培のほうじ茶はとても優しい味わい。食後にホッとひと息つくことができました。

お店が行っているSDGsへの取り組み

「新宿ダイアログ」SDGsがテーマのカフェってどんな感じ?実際に行ってみた

店主さんも非常に暖かく迎え入れてくれて、料理に対するこだわりやSDGs募金について教えてもらいました。

直接お話しを聞いているとさらにSDGsへの興味がわいてきたので、店内にあるSDGs観覧車に募金をしました。

どれに入れるかすごく迷いましたが、SDGsの目標7番の「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」へ。ここに募金すると、「一般社団法人 グリーンピース・ジャパン」に寄付されるとのことです。

そのほかの寄付先については、新宿ダイアログさんのFacebookに詳しく書かれているので、ぜひチェックしてみてください!

まとめ

以上、「新宿ダイアログ」さんのご紹介でした。

新宿駅から徒歩すぐのところにあるので、SDGsに興味のある方、これからSDGsを学びたいと思っている方はぜひ行ってみてくださいね。

お店詳細:新宿ダイアログ

この記事をシェアする

TAGS

この記事書いた人

Check more...

日本酒の級別制度:地元のコメと水で本当の地酒を作る挑戦
FOOD

日本酒の級別制度-福岡県にある酒蔵の地酒づくりへの挑戦

コーヒーのフェアトレードブランド3選|国内の取り組みも紹介
FOOD

コーヒーのフェアトレードブランド3選|国内の取り組みも紹介

ロイヤルホストのベジタブルカレーのお味は?ベジタブルカレー&雑穀ごはんを食べてみた!
FOOD

ロイヤルホストのベジタブルカレーのお味は?ベジタブルカレー&雑穀ごはんの感想

フレッシュネスバーガーのプラントベースバーガーを食べてみました
FOOD

フレッシュネスバーガーのプラントベースバーガーを食べてみました